龍見寺 |寺 | 墓地 | 仏像 | 曹洞宗 | 大日如来 | 東京都重要文化財 | 八王子ひまわり保育園 | 東京 | 八王子

 

宗派について

 

曹洞宗

曹洞宗
 
はじめに
お釈迦様のおしえが、仏教として、紀元前400年頃にはじまり、インドから達磨様により中国へ伝わり、日本に伝わった。
 9世紀のころ、禅宗の一派、唐の洞山良介和尚と、その弟子曹山本寂和尚の門流が、曹洞宗のはじまりである。
 1227年道元禅師により日本にもたらされ、永平寺の開祖となる。永平寺4世の螢山禅師により、地方の武家農民にも広がり、総持寺の開祖となる。
 
教え(宗旨)
お釈迦様の教えを基にする。すべて坐禅によるさとり(正法)が根本である。身も心も坐禅。そこからの「おさとり」が佛教の正門である。
 
伝わり方
「さとり」の内容を、代々の祖師方が、「一つの器の水を、そのまま次の器に移すように」伝えられた。正伝である。
 
いろいろ
1仏両祖(お釈迦様と道元禅師・瑩山禅師)。両本山(福井県の永平寺、横浜鶴見の総持寺)。日本仏教の宗派で檀信徒が最も多い。
  掃除も食事も坐禅が基本。本堂は白足袋も汚れない。食器を洗った水も飲む。お経のほかに、梅花流詠讃歌という、歌うようなご詠歌が盛んである。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
宗教法人龍見寺
〒193-0944
東京都八王子市館町1630
TEL:042-664-1630
FAX:042-673-2345
------------------------------
檀信徒および一般信者への布教活動
------------------------------
<<宗教法人龍見寺>> 〒193-0944 東京都八王子市館町1630 TEL:042-664-1630 FAX:042-668-7666