龍見寺 |寺 | 墓地 | 仏像 | 曹洞宗 | 大日如来 | 東京都重要文化財 | 八王子ひまわり保育園 | 東京 | 八王子

 

木造大日如来(金剛界)坐像

 
 
 
大日如来は、ほとけの世界を表す曼荼羅図(まんだらず)でも、真中に位置する最高佛である。龍見寺大日如来は、智慧をつかさどる金剛界の大日如来である。

昭和37年調査の時、仏像最高の権威者・西村公朝先生が、銘があれば国宝にしてもふさわしいと言われた。又、宝冠は、奈良の円成寺の国宝よりも優れている。膝のあたりの衣文も秀麗である。折り紙つきの絶賛であった。

昭和37年度文化財調査により、藤原末期作の秀作として、都の文化財に指定された。秋の文化財ウイークを中心として、年間参観者も多い。

 

なぜ、このような藤原末期の秀作が、関東の田舎にあるのか?はがきにもあるように、横山党との関係が言われている。奥州征伐で手柄を立てた横山等が、奥州出羽三山のひとつ大日如来を遥拝するため、現在の拓殖大学の山奥に祭ったという説である。確かに、山の頂上近くに堂平という平地がある。その後、龍見寺の裏山から少し離れたところに現在も小さな祠があり、堂山と呼ばれている場所に移されたという説もある。現在地に三転したわけである。開山以前から、大日如来を守って、庵があったとされている。

 

3代将軍家光公より御朱印を賜った。大日如来を維持する為の奨励金である。

なお、大日堂の建物自体も、文化財的価値があると、東京都の技師の発言もある。

宗教法人龍見寺
〒193-0944
東京都八王子市館町1630
TEL:042-664-1630
FAX:042-673-2345
------------------------------
檀信徒および一般信者への布教活動
------------------------------
<<宗教法人龍見寺>> 〒193-0944 東京都八王子市館町1630 TEL:042-664-1630 FAX:042-668-7666